2018年6月23日土曜日

TIDALとroonがあれば、音楽をもっともっと楽しめます!お薦めです!

今回は、ストリーミングサービス「TIDAL」と、統合音楽再生ソフト「roon」についてまだ知らない、という方向けに簡単ではありますがご説明をさせていただきたいと思います。


最近エスアイエスでもお薦めしている機種が増えてきました、ネットワーク関連製品。そもそも、なぜこれほどお薦めしているのかと言いますと、当店のお客様から「TIDAL」や「roon」を高音質に楽しみたい、というお問い合わせが多くなってきており、実際に利用されているお客様も増えてきたためなのです。

そのストリーミング再生に必要な機器が、ネットワークプレーヤーをはじめとするネットワーク関連製品です。その人気ぶりの影響もありデジタル系のトップブランド、DCS、CH-Precision、MSB、Playback Designsなど各社の新製品にはネットワーク接続のためのLAN入力が標準、もしくはオプションで用意されております。

このネットワーク関連に対して「難しそう」、「よくわからない」という事で何となく目をつぶっている方も多いと思います。かく言う私もそうでした。それでも、代理店の担当さんやお客様から教わっていくうちに、その”無限に広がる可能性”を目の当たりにして、自然とネットワーク関連に対する抵抗がなくなりました!

それからというもの、WIFIやHUBなどの基本的な接続方法についてや、ネットワークオーディオ機器、音源取込用のNAS、TIDALやroonに関する情報を調べる事が億劫でなくなり、英語が読めないながらも海外サイトの情報まで臆することなく右クリックで翻訳(Windowsです)して読み漁りました。

これは仕事だから、というよりも一人の音楽ファンとして純粋に音楽をより深く広く楽しみたい、知っているアーティストの知らないアルバムを聴いてみたい、そして音楽をとことん楽しみたい!という一心で勉強しようと思いました。

でも勉強というほど難しいことは何もなく、覚える事と言ったら”初歩的なネットワーク接続”のみで、機器はどう繋がっているのかという事を大体理解しておけばOK!完璧でなくてもいいのです。あとはTIDALとroonの契約だけ少し頑張って済ませてしまえば、操作や機能はTIDALもroonも適当に触っていると自然と覚えられますので、難しいことは本当に何もないのです。

ですので、この新しい波にまだ乗っていない方に、いますぐ思い切って乗ってみてほしいのです。可能な限り私がサポートいたしますので、ご安心ください。


「TIDAL」とは何か?

TIDALは定額制の音楽ストリーミングサービスです。月額2,000円ほどで、約4,500万曲を聴き放題で楽しめます(2018年現在)。日本ではまだサービスを開始していませんので公には言いにくいのですが、「TIDAL 契約」と検索すると、丁寧に契約方法と設定方法を教えてくれている方のサイトが見つかりますので、そちらをご確認ください。

音源はCDと同等クオリティの16Bit/44.1kHz。さらにMQAというHDCDのようなデコード技術を利用した「TIDAL MASTER」によるハイレゾ音源も用意されており、MQAデコードに対応した最新のDACがあれば24Bit/96kHzもしくはそれ以上の超高音質音源を気軽に楽しむことができます。

TIDALのトップページには最新の新譜やTop20、お薦めプレイリストなどが用意されており、気軽に音楽を再生する事が可能です。基本的には好きなアーティストを検索して、国内未発表のアルバムを聴いてみたり、好きなアーティストや楽曲だけをセレクトした自分だけのプレイリストを作って再生して楽しみます。

では、タブレットはiPad、操作アプリはlinnのkazooを使用した画面で簡単にご説明させていただきます。

▼右上の検索ボタンを押して、検索モードにします。

▼試しに「michael」とだけ入力します。英語での入力のみに対応していますので、
綴りが合っていないと検索できません。「英語はだめだ~」と言った貴方!
これはアーティスト名をきちんと覚えるチャンスです。ポジティブに行きましょう♪
そうするとすでに候補がずらっと左側に出てきています。

▼当方お目当てのMichael Jacksonがトップに出ています。さらに
Michaelに関連するアーティストがずらりと検索できる範囲で多数並びます。

▼そしてお目当てのアーティスト名をクリックすると、アルバムやシングルなど
ずらりと並びます。持ってないアルバム、知らないアルバムがこんなにも
あったのかと驚きます!Pow!それがすべて聴けるのですから、嬉しい限りです♪

これだけでも十分楽しいのですが、TIDALをより深く楽しむ事ができるのが「roon」です。roonはTIDALのようなストリーミングサービスではなく、TIDALなどを利用した「音楽鑑賞のための情報提供ソフト」です。


roonとは何か?

roonは、年間契約制の統合音楽再生ソフトです。1年間で13,000円ほど支払えば利用できます。54,000円ほど支払えば、永年契約もできます(2018年現在)。roonは日本語に対応していないだけでサービス自体は提供されていますので、TIDALよりも簡単に契約できます。これも「roon 契約」で検索すると丁寧に契約方法と設定方法を教えてくれている方のサイトが見つかりますので、そちらをご確認ください。

roonには、基本的には下記の5つの特徴があります。
(1)そのアーティストの歴史を知ることができる。
(2)そのアーティストのHPやFacebookなどSNSに繋がっていて簡単に見に行ける。
(3)アルバムが年代順に並んでいる。(TIDALはバラバラに並んでいます。)
(4)他のアーティストとの共演・参加アルバムも紹介してくれる。
(5)そのアーティストに似ているアーティストや、そのアーティストを尊敬しているアーティスト、そのアーティストが影響を受けたアーティスト、そのアーティストの仲間のアーティストを紹介してくれる。

さらに、TIDAL以外にも契約したストリーミングサービスからの情報や、ネットワーク上に接続されているNASの情報も出ますので、非常に便利です。今後ネットワークプレーヤー等をご検討の際には、roonとの連携を保証する「roon ready」と表記された製品をチェックしてください。roonお墨付きの最高の音質で音楽を楽しめます。

▼roonの魅力がわかりやすい画像です。
マイルス・デイヴィスの検索結果を表示しています。
実際に触ってみると、なんと快適で楽しいんだ!
とワクワクします♪まさに革命です。


最後に、「じゃあ実際に音はどうなの?」という事で音質比較もしてみましたが、やはりハイエンドなCDプレーヤーや完璧に調整されたレコードプレーヤーでの再生には敵わない部分があります。しかし、ハイレゾの音源ではCDでの再生よりも確実に音が良いと感じますし、高音質なネットワークプレーヤーを使えば、不満やストレスを全く感じないほど満足できる音質で楽しむことができます。

TIDALやRoonで見つけたお気に入りのアルバムを、CDやレコードで探すといった楽しみもあると思います。いままでCD/レコードショップに行って、馴染みのバイヤーからしか得られなかったマニアックな情報を、自宅にいながら簡単に得る事ができるようになったのです。「音楽業界のamazon」とでもいいましょうか、便利で快適、楽しくてワクワクする情報を教えてくれる最高のコンシェルジュ、roon!その価格も十分納得できる、素晴らしいサービスだと思います。あとはTIDALもroonも、早く日本語でのサービスを開始してほしいものです。

TIDALとroonのご説明、いかがだったでしょうか。TIDALやroonについてのご質問や、ネットワーク関連機器のご質問・ご試聴・ご購入はお気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄