2018年6月9日土曜日

アンドレアス・コッチ氏にご来店いただきました!

先日、米国PLAYBACK DESIGNSの設計者であり社長のアンドレス・コッチ氏にご来店いただきました!

▼DSDのカンターテドミノを聴いていただきましたが、
「Great!」と言っていただきました。生粋のクラシックファンです。
そもそもこの音質の良さは、アンドレアスさんがDSDとDoPを
作ってくれたからこそ、であります。天才に感謝です。

PLAYBACK DESIGNS DREAM TRANSPORT(MPT-8)
 定価:3,000,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。

PLAYBACK DESIGNS DREAM DAC(MPD-8)
 定価:2,500,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>代理店のメーカー紹介サイトはこちらから
  ※製品紹介ページは近日中に公開予定です。
  ※発売日:2018/7/7(土)ご予約をお待ちしております。

▼やっぱりプレイバックのサウンドはグッと来ます!
心に直接訴えかける、極めて屈託のないピュアな表現が
様々なストレスを排除して、とにかく涙腺を刺激します。

▼曲線美が光る、有機的なデザイン。冷たい印象のカラーでありながら
暖かみや柔らかさを感じさせる独特なデザインが魅力的です。

▼CDメカは現在海外でも定評のあるDENONのSACD/CDメカを搭載。
造りの良い厚みのあるトレイです。アンドレアス氏は、「以前は
プラスチック製のトレイでしたが、今回のデノンは金属製になっており、
ピックアップや全体的なメカも素晴らしく、音質が確実に向上しています。」
と言っておりました。設計者にそう言われると、とても安心します。

▼豊富な入出力端子を装備。プレイバックのアンドレアスは、
USBやLANのデジタル入力はDAC側につけると大きな弊害があり、
トランスポート側に受け持たせる事で最善の構成と伝送ができる、と考えています。
そのため今回のDREAMはセットで使用する事で最高のパフォーマンスを発揮します。

▼DACもトランスポートと同じ筐体デザインです。



▼2台並べて常設展示決定です。

DSDとDoPの生みの親、アンドレアス・コッチ氏が今までに開発してきた技術のすべてを投入した、リファレンス・SACD/CDトランスポート&DACの登場です。

11.2MHz DSD、384kHz PCMに対応するDACはもちろんDACチップを使わないオリジナルFPGA。それも4つのFPGAを使用して、オーディオ信号とクロック制御に使用する領域を広げて高音質化を狙っているというこだわった設計です。

アナログ回路も左右独立&フルバランス回路構成となっており、リニアで構成された電源部は、デジタル、アナログL/Rの3つの回路に独立して供給される仕組みをとっています。

また、オプションは2種類発表の予定です。トランスポートの内部にSSDを内蔵してCDリッピングが可能になる「オプションSSD※価格未定」と、Roon、TIDALなどのストリーミング再生に対応し、ネットワーク上でDELAやFIDATAとの連携も可能になる「オプションLAN入力ボード※価格未定」の2つのオプションが今後リリースされる予定です。店頭のデモ機は「オプションLANボード」の導入を決定しています。

店頭ではCDの再生はもちろん、最近メインで使っているのがTIDALでの再生です。これはネットワークトランスポートからのUSB出力をMPT-8に入力し、MPT-8からSTリンクでMPD-8に信号を送って再生しています。一見遠回りに見えるこの伝送方法も、アンドレアス氏の言う通り音質は非常に素晴らしく、いままで聴いたことがないほどストレスなく透明感豊かな音楽が鳴り響いています。Great!

すでに在庫も2セット発注済みで、近日中に入荷予定です!当店でご注文頂きましたら日本最速でセットで納品可能です。お急ぎの方はお早めにご連絡ください。

PLAYBACK DESIGNS DREAM TRANSPORT(MPT-8)&DREAM DAC(MPD-8)のご試聴・ご購入はお気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄