2018年6月18日月曜日

イベント情報 LUMIN U1を期間限定展示中です!

高音質ネットワーク・トランスポートとして話題の、LUMIN U1を期間限定展示中です!
※展示期間:2018/6/18(月)~6/25(月)まで。ご試聴の際はお手数ですがご予約の上、ご来店・ご試聴くださいませ。


LUMIN U1(ネットワーク・トランスポート)
 定価:1,210,000円(税別)※ブラックは1,331,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>代理店の製品紹介はこちらから

▼既に良質なDACをお持ちの方にお薦めさせて頂きたい、
DSD256・11.2MHz&PCM384kHz対応の高音質な
ネットワーク・トランスポートです。





やはり本物は違いました。圧倒的なスケール感と解像度の高さを持っており、壮大でドラマティックなサウンドステージが部屋のずっと奥深くに、広大に広がります。それでいて目に見えるかのような透明感と繊細な表情。この相反するような奥への展開と目の前に立体的に浮かび上がるリアリティは、言葉では表現しがたい感動的な音質の良さです。ぜひこの機会にご体験ください。

香港のピクセルマジックが提供するオーディオブランド「LUMIN」は、天才的な技術力と爆発的な開発力でオーディオ業界をリードする最先端ブランドとなっております。

高音質なネットワーク・トランスポートをお探しの方で、最先端の製品をお求めの方は、このLUMIN U1をご検討ください。Roon/TIDAL、MQA、Qobuz、Spotify、Airplayなどストリーミング音源や、DELA、FIDATAなどのNASからのハイレゾ音源を高音質に、しかもLUMINアプリならではの快適な操作で楽しめます。

2018/7月頃にはミュンヘンのオーディオショウで発表されたLUMIN最高モデルの新製品「X1」が国内リリース予定です。なんとDSD512・22.6MHz再生&PCM768kHzに対応しています。またDAC内蔵のネットワーク・プレーヤーでありながら、USB出力も備えており、ネットワーク・トランスポートとしても使用可能です。定価は200万円前後との事で、こちらも情報が入り次第ご案内させて頂きます。


LUMIN U1のご試聴・ご購入はお気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

耳寄り情報 EAR 912は真空管の交換で音質が激変&向上します!

先日、ご常連様からEAR 912の真空管を交換して音質が激変&向上した!との耳寄りな情報を得ました。早速お宅にお伺いさせて頂き、真空管による音の違いを聴かせていただきました!

▼見てください、このECC88(6DJ8)の佇まい!7ペアご購入されたとの事です。
基本的にRoon/TIDALによるストリーミング音源とCDのみの再生のため、
912のLINE入力部にあたる2本のみ交換する事で音質の違いを楽しめます。


912の色はシルバーをご購入いただいており、私は今回初めてこのシルバーを
見ることができました。通常カラーのブラックも恰好良いですが、このシルバーも
凄く格好良いです。ブラックは完全にプロフェッショナル仕様という外観ですが、
シルバーはハイエンドアンプのような上品さを醸し出しています。お客様がお使いの
他の機材はFM-AcousticsCH-Precisionなどまさにハイエンドな製品ですが、
912が全く違和感なく、そのラックのシステムの中に自然に馴染んでいました。

お客様は聴く曲のジャンルや好みに合わせて、その都度真空管を交換してその表情の違いを楽しまれていました。使用されている真空管は、TELEFUNKENMULLARDRCAPHILIPSなどなど。交換するたびにそれぞれの音の特徴が面白いほど出ていました。確かに、アンプを交換したかのような音の激変ぶりに、本当に驚きました!これはとっても楽しいです♪そして各帯域のバランスの良さ、解像度の高さ、表現力のどれをとっても素晴らしかったのは、やはりTELEFUNKENでした。これを1ペア手に入れるだけでも、驚くほど音質の向上が可能になります。(程度の良い、本物を手に入れる必要はありますが・・。)

真空管の交換はあくまで自己責任になりますので、簡単に誰にでもお薦めです!とは言えない状況ではありますが、正直とても魅力的で特別な体験でした。912をお使いの方で、「電源ケーブルやラインケーブルの交換などやりつくしてしまってもうやる事がない」、「912をさらに極限までグレードアップさせたい」、という方はぜひ、自己責任の上でお試しください。

まだEARを知らない、912を知らないという方は、ぜひ店頭にてその音質の良さ、音楽的な魅力溢れる最高のプリアンプの音をご体感ください。世の中にはなかなか良いプリアンプがありませんが、これは本当にお薦めの最高のプリアンプです。

エスアイエスでは、912を店頭に常設展示しております。約1年ほど展示しておりますがご来店いただきましたお客様も絶賛で、いま当店で一番売れているプリアンプとなっております。

■EAR 912(MC/MM対応フォノイコライザー搭載、管球式プリアンプ)
 定価:1,980,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>代理店の製品紹介ページはこちらから

▼MC/MM対応の高音質フォノイコライザーを内蔵しています。
単体のハイエンド・フォノイコライザーも真っ青の、極上のトーンです。
長年、著名スタジオやアーティストに使用され続けており、
プロも認める抜群の音質の良さです。CDも暖かみのある音で楽しめます。

▼先日は代理店からパワーアンプの509mk2を借りておりました。
ご予約いただけましたら、509mk2との最高の組み合わせでご試聴していただけます。

■EAR 509mk2(管球式モノラル・パワーアンプ)
 定価:1,890,000円(税別、ペア)
 売価:お問い合わせください。
 >>代理店の製品紹介ページはこちらから

912とベストマッチのモノラル・パワーアンプ、509mk2
透明度が高く力強いサウンドで、大型スピーカーもしっかりと
駆動できます。MAGICO Q3もご機嫌なサウンドで鳴らすことができます。

EAR912509mk2は、真空管ならではの暖かみのある音色と、現代ハイエンド・アンプならではの高解像度でワイドレンジな音質の良さを見事に両立させた、素晴らしいプリアンプとパワーアンプです。

このセットは長年にわたり売れ続けている超ロングセラー商品ですが、エスアイエスでもMAGICO Q3やその他最新のハイエンド・スピーカーと組み合わせてみても素晴らしい音楽を奏で、当店のお客様にも大変ご好評を頂いております。特に多機能で使いやすく音質も抜群のプリアンプ912を店頭に常設展示いたしております。

この912は、何といっても内蔵のフォノイコライザーが素晴らしいです。アナログをいい音で再生したいとお考えの方で、まだ良質なプリアンプをお持ちでない方にとって、912はベストな選択になります。

▼EAR設計者、ティム・デ・パラヴィッチーニ氏にご来店いただきました!
912EARについて、熱く語ってくれました。こちらからの質問にも丁寧に
答えてくれる、心優しい英国紳士でした。

「いかに912が凄いか」


そしてフロントパネルにある入力用メーターが非常に便利です。これは入力された信号のゲインをそのまま表示し、プリアンプのボリュームとは連動していません。これがいかに重要かという事を、下記の2つの点からご説明させて頂きます。

まず第一に、フォノ入力に関してですが、このメーターを確認しながら0dBよりも大きく振り切る場合はゲインを下げたり、MCカートリッジに最適なインピーダンス・マッチングを取る事ができます。これを調整して初めてレコードは完璧な音楽を奏でます。これが調整できないフォノイコライザーでは、適当な設定のまま、本来の真価を発揮しないままレコードを聴いているようなものです。

しかもフォノイコライザーでインピーダンス・マッチングを変更できたとしても、ほとんどの製品はどこまで合っているかは音を聴いて聴感上で判断するしかありません。912ではメーター上で適正な昇圧が取れているかを目視で完全に確認する事ができます。この目視でゲインとインピーダンス・マッチングの調整ができるフォノイコライザーこそ「本物のフォノイコライザー」なのです。

そして第二に、CDやAUXなどフォノ以外のライン入力はフォノ入力のようにゲインの調整はできませんが、ライン入力のゲインが低い場合に0dBあたりでメーターが動かず低い位置でメーターが動いている時があり、入力された機器に何らかの問題があるという事が確認できます。これは非常に重要です。

よくあるのがCDプレーヤーやDAC、ネットワークプレーヤーなどにボリュームがついていたり、内部の出力のゲインを何段階かに設定する事ができる場合に、通常の0dBあたりのゲインになっていない事があります。それに気づく事ができ、912のメーターを見ながら出力が0dBになるよう機器側で最適な設定にして本来の性能を発揮させることができます。店頭での試聴の際もこの機能に助けられた事が何度もあります。

これは微妙にゲインが低い・高い場合には、感覚的にプリのボリュームを上げ下げして済ませてしまいますので、メーターがないと意外と気が付かないものです。時にはゲインが低すぎてメーターが全く触れていないような事もあります。これをボリュームを上げているだけで済ませている時があるかも知れないと思うとゾッとします。

これに気付いて0dBにきっちり合わせた時の音は、ゲインが微妙に低い・高い時の音とは全く違います。912がスタジオなどの現場で「非常に使い勝手が良い」、「信頼できるプリアンプ」と言われるのは、こういう事なのです。

912の凄さをお判りいただけましたでしょうか?上記の信頼できる機能と、音質の良さ、912の凄さは、実際に使いこなしてみて、聴いてみて初めてわかります。エスアイエスでは、この極上のアナログ・チューブ・プリアンプ912を店頭でいつでもご試聴していただけますので、まだ聴かれた事がない方はぜひ一度店頭にて実際に触って、聴いてみてください。

EAR 912509mk2のご試聴・ご購入は、お気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから

<EAR 912の仕様>
●回路構成:アンバランス回路
※XLRインプットには、トランスが入っています。
※RCA、XLRのアウトプットには、両方共にトランスが入っています。
※どちらの入力、出力でも音質は同じになるように、入念に設計されております。
 パラビッチーニはプロの現場での経験からか、XLRを推奨していますが、
 RCAの方が一つトランスを通らないため若干鮮度や透明感が高く感じられます。
 XLRの方が少し音が太めの傾向です。お好みでご選択ください。

●フォノ入力:    RCAx2系統
●ライン入力:    RCAx3系統、XLRx2系統
●テープアウト:   テープモニターx1 系統
●出力:       RCAx2系統、XLRx2系統
●ラインアンプゲイン:14dB (reference sensitivity)= 775mV for “0”dB V.U.
                          = 3v output
●ラインアンプ:   S/N比 = 90dB (1v out ref)
           歪率 = Less than 0.1% 1KHz 3v out
           周波数特性 = 20-20KHz + 0-0.3dB
           最大出力 = 6v 600Ω either output
●フォノセクション: 入力2系統(MM / MC)
●入力インピーダンス:MM = 47KΩ
           オーバーロードマージン = 28dB
           MC セレクション = 40Ω、12Ω、 6Ω、 3Ω
           ゲインセッティング = 0, -6, 12dB
           ゲイン MM = 2.4mv for ‘0’ dB V.U (50dB)
           MC = 0.24、0.15、0.1、0.06mv @1KHz

           (70dB) (73dB) (76dB)(80dB)
           RIAA Accuracy = 0.2dB、30Hz – 20KHz
           S/N比 = 68dB ref 2.4mv unweighted
●使用真空管:    PCC88 (7DJ8) x 5またはECC88(6DJ8)x 5
●消費電力:     30W(100v, 117v or 230v country dependent)
●重量:       13.5kg
●サイズ:      W485 x H145 x D300mm
●ファシリティー:  テープモニター
●フロントパネル:  ミュートスイッチ

           Mono/Stereo スイッチ
           インプットセレクター
           ヴォリュームコントロール
           Phono 1、Phono 2
           MM/MC
           MC 入力インピーダンススイッチ
           ファンクションセレクター:BAL1、BAL2、Phono、CD、Aux1、Aux 2
●リモコン:     ボリュームのアップダウンのみ
●カラー:      ブラック・シルバー

<EAR 509MK2の仕様>
●回路構成:アンバランス回路
※XLRインプットには、トランスが入っています。
※RCA入力をご希望の方は、お問い合わせください。

●パワーアンプ クラスAB級 プッシュプル
●入力端子:         バランス1系統         
●出力:           100W(モノ)
●周波数特性:        3Hz-30KHz +0-1dB、2Hz-80KHz +0-3dB
●パワーバンド:       12Hz-60KHz -3dB,0.5% THD
●I.M.D.:          <0.2% 10mW-100W
●出力ダンピングファクター: 20(0.4Ω+ 4uH)
●S/N比:          96dB
●入力感度:         1.2V
●インプットインピーダンス: 25kΩ
●使用真空管:        PL509/PL519(40KG6)またはEL509/EL519(40KG6 )x2 、
               ECC83 x 2, ECC85 x 1
●消費電力:         180W
●重量:           14.8kg (ペア29.6kg) 
●サイズ:          W320 x D255 x H167mm


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2018年6月15日金曜日

イベント情報 7月下旬にAIR TIGHTのATM-3211、ATC-5を期間限定展示予定です!

日本よりも海外で売れているAIR TIGHT。ここ最近の評判はご存知の方も多いと思いますが、現在日本各地で行われているイベントでは驚異的な音の良さを披露していると話題沸騰中です。


実は先日、短期間お借りしていたのですが素晴らしい音質でした!イキイキと元気良く歌い、強烈に前に出るエネルギッシュなサウンド!スタッフ全員度肝を抜かれました。こんなにもすごいアンプがまだ日本にあったのか、と驚きを隠せませんでした。

過去にAIR TIGHTを聴いた印象とは全く違う、別次元の音質の良さです。それもそのはず、設計者が以前とは変わっているのです。最新のリファレンスATM-3211ATC-5は感性豊かな若い設計者が作り上げた、間違いなく世界基準のアンプです。アブソリュート・サウンド誌の表紙を飾り、世界中から称賛されているというその評価は本物です。

この音を聴いたが最後、開いた口が塞がらない・・・。そんな途轍もないモンスターアンプです。これはもう体験するしかありません!

※期間:7月下旬から1~2週間程度。詳細は後日お知らせいたします。その際に鳴らすスピーカーは同じく7月下旬に常設展示で入荷予定のYG Acoustics Sonja2.2!この機会をお見逃しなく!

AIR TIGHT ATM-3211(211プッシュプル・モノラル・パワーアンプ)
 定価:4,800,000円(税別)※完全受注生産品
 売価:お問い合わせください。
 >>代理店の製品紹介はこちらから

▼このパワーアンプには驚きました。211だからどうとか、
そんな次元を超えています。このアンプ、凄い!の一言。
その衝撃の音に、表現力に、感動するのみです。



AIR TIGHT ATC-5(MM型フォノ内蔵・管球式プリアンプ)
 定価:740,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>メーカーの製品紹介はこちらから

▼透明感豊かなプリアンプ。ATM-3211の良さを引き立てる最高の女房役
といった印象で、癖のないクリアな音色が魅力的です。しかもその表現力は抜群で、
他の高級な管球式プリアンプとATM-3211の組み合わせも聴きましたが、
ATC-5ATM-3211の組み合わせならではの、絶妙なマッチングの良さがしっかりと
出ていたのには驚きました。やはりこの組み合わせがベストなのです。


AIR TIGHT ATH-3(MC型昇圧トランス)
 定価:140,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>メーカーの製品紹介はこちらから

▼あえてプリアンプには内蔵せずに、別筐体としたこだわりのMCトランス。
色付け無く、それでいて細部まで汲み取るような素晴らしい昇圧。
ATH-3にもAIR TIGHTの製品作り、音作りへの情熱が感じられます。

ATM-3211ATC-5、ATH-3のご試聴・ご購入はお気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2018年6月9日土曜日

アンドレアス・コッチ氏にご来店いただきました!

先日、米国PLAYBACK DESIGNSの設計者であり社長のアンドレス・コッチ氏にご来店いただきました!

▼DSDのカンターテドミノを聴いていただきましたが、
「Great!」と言っていただきました。生粋のクラシックファンです。
そもそもこの音質の良さは、アンドレアスさんがDSDとDoPを
作ってくれたからこそ、であります。天才に感謝です。

PLAYBACK DESIGNS DREAM TRANSPORT(MPT-8)
 定価:3,000,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
PLAYBACK DESIGNS DREAM DAC(MPD-8)
 定価:2,500,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。
 >>代理店のメーカー紹介サイトはこちらから
  ※製品紹介ページは近日中に公開予定です。

▼やっぱりプレイバックのサウンドはグッと来ます!
心に直接訴えかける、極めて屈託のないピュアな表現が
様々なストレスを排除して、とにかく涙腺を刺激します。

▼曲線美が光る、有機的なデザイン。冷たい印象のカラーでありながら
暖かみや柔らかさを感じさせる独特なデザインが魅力的です。

▼CDメカは現在海外でも定評のあるDENONのSACD/CDメカを搭載。
造りの良い厚みのあるトレイです。アンドレアス氏は、「以前は
プラスチック製のトレイでしたが、今回のデノンは金属製になっており、
ピックアップや全体的なメカも素晴らしく、音質が確実に向上しています。」
と言っておりました。設計者にそう言われると、とても安心します。

▼豊富な入出力端子を装備。プレイバックのアンドレアスは、
USBやLANのデジタル入力はDAC側につけると大きな弊害があり、
トランスポート側に受け持たせる事で最善の構成と伝送ができる、と考えています。
そのため今回のDREAMはセットで使用する事で最高のパフォーマンスを発揮します。

▼DACもトランスポートと同じ筐体デザインです。



▼2台並べて常設展示決定です。

DSDとDoPの生みの親、アンドレアス・コッチ氏が今までに開発してきた技術のすべてを投入した、リファレンス・SACD/CDトランスポート&DACの登場です。

11.2MHz DSD、384kHz PCMに対応するDACはもちろんDACチップを使わないオリジナルFPGA。それも4つのFPGAを使用して、オーディオ信号とクロック制御に使用する領域を広げて高音質化を狙っているというこだわった設計です。

アナログ回路も左右独立&フルバランス回路構成となっており、リニアで構成された電源部は、デジタル、アナログL/Rの3つの回路に独立して供給される仕組みをとっています。

また、オプションは2種類発表の予定です。トランスポートの内部にSSDを内蔵してCDリッピングが可能になる「オプションSSD※価格未定」と、Roon、TIDALなどのストリーミング再生に対応し、ネットワーク上でDELAやFIDATAとの連携も可能になる「オプションLAN入力ボード※価格未定」の2つのオプションが今後リリースされる予定です。店頭のデモ機は「オプションLANボード」の導入を決定しています。

店頭ではCDの再生はもちろん、最近メインで使っているのがTIDALでの再生です。これはネットワークトランスポートからのUSB出力をMPT-8に入力し、MPT-8からSTリンクでMPD-8に信号を送って再生しています。一見遠回りに見えるこの伝送方法も、アンドレアス氏の言う通り音質は非常に素晴らしく、いままで聴いたことがないほどストレスなく透明感豊かな音楽が鳴り響いています。Great!

すでに在庫も2セット発注済みで、6月下旬に入荷予定です!当店でご注文頂きましたら日本最速でセットで納品可能です。お急ぎの方はお早めにご連絡ください。
※正式な製品発表日・発売日が決定しました!7月7日(土)となっております。ご予約をお待ちしております。

PLAYBACK DESIGNS DREAM TRANSPORT(MPT-8)&DREAM DAC(MPD-8)のご試聴・ご購入はお気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2018年6月7日木曜日

展示導入決定!新製品YG Acoustics Sonja2.2を後ほど常設展示いたします!

YG ACOUSTICSSonja2.2を展示導入決定いたしました!日本最速で常設展示いたします。2か月後の7月下旬、もしくは8月上旬には店頭に入荷の予定です。ぜひ店頭にてこの世界最高のスピーカーをご体感ください。

フラッグシップモデルSonja XVの技術を継承した、最先端のスピーカーです。先日はアッカからSonja2.2のデモ機を借りましたが、この音質の良さは間違いなく世界最高です。今年のインターナショナルオーディオショウで一番の目玉となるこのSonja2.2を、一足お先に店頭でご試聴していただける予定です。お楽しみに♪


YG ACOUSTICS Sonja2.2
 定価:11,000,000円(税別・ペア)
 売価:お問い合わせください。
 納期:通常約8週間
 配送・設置費用:別途かかります。お気軽にご相談ください。

▼先日のデモイベントの際の写真です。
やっぱりYGです。安心できる、世界最高の表現力!
いま、これを聴かずして何を聴く?です。

▼キャビネットやユニットの製作技術が大きく向上しています。
より深く、より美しいサウンドを描きます。


▼上部のモジュールのスピーカーターミナルはシンプルな
シングルワイヤ仕様。ご注文時にはバイワイヤ仕様も選択可能です。
また、今回から上下のモジュールのスピーカーターミナルの間隔が
狭くなりましたので、ジャンパーケーブルも短いものを使用できるように
なりました。色々と改良・改善・進化しています。

▼アルミ削り出しフレームを内蔵した”ビレット・ドーム”ツイーター。
高域の伸びが抜群で、しかも違和感がなく繊細で滑らかな質感。
ハード・ドーム&ソフト・ドームの良さを兼ね備えた、
究極のハイブリッド・ツイーターです。

▼”ビレット・ドーム”ツイーターについて、ヨアブ氏の解説動画が
ありますのでご覧ください。

▼極太の単線で巻きあげた自社製のインダクター”ヴァイス・コイル”。
アルミ削り出しの補強フレームで強固に固定されており、
振動対策・通電効率の向上に大きく貢献しています。

Sonja2.2のカタログです。




また、Sonja1.2Sonja1.3をご愛用中の方には最新のSonja2.2Sonja2.3仕様へのバージョンアップが可能です。さらに、Anat3をお使いの方もバージョンアップ可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

▼アッカからのプレスリリースです。

YG ACOUSTICS Sonja2.2のご試聴・ご購入は、お気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから

<YG ACOUSTICS Sonja2.2の仕様>

・構成:3ウェイ、4ドライバー、モジュラーフロアスタンド型、密閉型
・約1inch×1、BilletDome/ForgeCoreツイーター
・約6inch×2、BilletCoreミッドバス
・約10inch×1、BilletCoreウーファー
・周波数特性:17Hz~40kHz
・相対位相特性:可聴域では、全体で±5°
・インピーダンス:4Ω(ミニマム3Ω)
・音圧レベル:88dB/2.83V/1m
・寸法:W22×H129×D63mm
・質量:135kg

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日

HP:http://www.sisaudio.co.jp
Blog:http://sisaudio.blogspot.jp
Twitter:https://twitter.com/sisaudio
Facebook:http://on.fb.me/18mbrIf

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2018年6月6日水曜日

中古品情報 遂に店頭にやってきました!YG Acoustics ANAT3 Reference Professional Signature ( Sonja 1.3 version up )

■YG Acoustics ANAT3 Reference Professional Signature ( Sonja 1.3 version up )
定価:16,800,000円(税別、ペア)※現行品Sonja 1.3の定価です。
売価:  6,696,000円(税込、ペア)※別途運送費用がかかります。
>>お問い合わせはこちらから
>>代理店の製品紹介はこちらから



遂に店頭にやってきました!とても良い音質で鳴っております。この製品の仕様は下記のとおりです。

Anat2 Professionalから、エンクロージャの外側だけはそのままにSonja 1.3へとバージョンアップしたモデルです。完全パッシブ型です。
■カラーはブラックです。
■搭載ユニットは現行のSonja 1.3と同一仕様です。また、ネットワークはSonja2.3と同等のヴァイスコイルですので、音質が抜群に良いです。



Sonja XVSonja 2.3への有償アップグレードが可能です。
(ツイーター、内部ネットワークを一部変更します。)

キャビネットは、AL6061-T651 航空機グレードアルミニウムを採用しています。厚さは部位により、8mm と12mm と異なったレゾナンスをもった素材を合わせる事で驚異的な剛性を達成しており、不要共振を徹底的に排除しています。

現行のSonjaよりもAnatのスタイルがお好きな方、いま最も音質の良いスピーカーをお探しの方にお薦めです。

YG Acoustics ANAT3 Reference Professional Signature ( Sonja 1.3 version up )のご試聴・ご購入は、お気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから

中古品の状態:目立つキズなし
付属品:取説、スパイク、ジャンパーケーブル、ユニット保護用ネット
保証:6か月間の無料修理保証

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
Mail:info@sisaudio.co.jp
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日

HP:http://www.sisaudio.co.jp
Blog:http://sisaudio.blogspot.jp
Twitter:https://twitter.com/sisaudio
Facebook:http://on.fb.me/18mbrIf

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2018年6月5日火曜日

バージョンアップ情報 CH Precision C1/D1用デジタル入出力HDボードのアップグレード開始!

CH Precisionの新基準となるデジタル入出力HDボードのアップグレードが開始されました!また、待望のCH Linkケーブルの新製品「CH Link HD」も発売開始です!


CH Precision D1 Digital Output Board HD
 (D1専用デジタル出力HDボード)
 定価:300,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。

CH Precision C1 Digital Input Board HD
 (C1/C1 Mono専用デジタル入力HDボード)
 定価:300,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。

▼avcat様から画像をお借りしております。
D1/C1ユーザー待望のハードウェア・バージョンアップ・サービス!
C1はMQAデコーディングにも今後対応予定との事で、期待大です。
D1はCH Link HDはもちろん、SPDIF/AES-EBU出力も進化しており、
さらに高音質にD1/C1が楽しめるバージョンアップの内容となっております。

CH Precision CH Link HD
 定価:240,000円(税別/1.0m)+0.5mにつき15,000円(税別)
 売価:お問い合わせください。

▼こちらもavcat様から画像をお借りしております。
いままでAES-EBUの方が音質が良い?という事もしばしばあり、
CH Linkケーブルの高音質バージョンの発売をゼファンにお願いして
いましたが、遂に発売開始となりました!早く聴いてみたいです。

▼ゼファンからのプレスリリース。 

今回のバージョンアップにより、さらなる高音質化に成功しているという事で、D1/C1ユーザーの方はぜひこの機会にバージョンアップをご検討ください。

HDボードに搭載している、SPDIF/AES-EBU/OPT/CH-LINK以外の入力、USB/SATREAMING/ANALOGなど他のオプションボードの入力信号もHDボード上にあるデジタルフィルターを通りますので、今回のバージョンアップで確実に音質が向上します。

なお、今後のファームウェア・アップデートの際に、今回のバージョンアップ・サービスを受けていないD1/C1は、ファームウェア・アップデートが受けられなくなってしまいますので、D1/C1ユーザーの方にとっては必須のバージョンアップとなっております。

それって半ば強制?いや、CHユーザーの方はこのハードウェア・バージョンアップ・サービスを待ちに待っていたはずです。他社メーカーの新製品CDトランスポート/DACが相次いで発表される中、CHが改めて見直される絶好のチャンス!他社製品への買い替え(浮気)を阻止するCHからの最新型のラブコールです。確かに新製品に買い替えするよりも安く最新型になるのですから、これはもうバージョンアップしない手はありません。

CH Precision D1/C1 HD Board、CH Link HDについてのご質問・ご購入はお気軽にご相談くださいませ。

>>お電話:03-3824-1139(中谷まで)
>>メールでのお問い合わせはこちらから

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社 エスアイエス
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-42-5
Tel:03-3824-1139
営業時間:12:00-20:00
定休日:日曜・祝日


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄